*

女性天皇賛成多数!意外と知らない女系天皇との違いやY染色体とは?

公開日: : 最終更新日:2019/11/16 生活 , ,


令和が始まり、天皇皇后両陛下の新しい時代への期待が高まっています。
そんな中、陛下のお子様である愛子さまに皇位継承を望む声が大きくなっているようです。

現在の皇室典範では皇位を継承できるのは「男系男子」のみです。
皇嗣秋篠宮さま、悠仁さま、常陸宮さまの3人が資格者となっています。
常陸宮さまは上皇陛下の弟でご高齢でおられ、
秋篠宮さまは天皇陛下の弟ですから陛下の退位後には同様にご高齢であると考えられます。
実質、皇位継承は秋篠宮さまのご長男悠仁さまお一人の肩にかかっている状態と言えるでしょう。

ここ最近の愛子さまは将来の皇位を継承するにふさわしい立ち居振る舞いやオーラを感じている方も多いようで、また、継承者が少ないことによる皇室存続の危機や秋篠宮家のスキャンダルも不安要素となり、女性天皇を期待する声が高まってきたようです。

 

女性天皇と女系天皇の違いとは

女性天皇の容認という話題になると必ず「女性天皇」はいいけれど「女系天皇」となると話は別だ、という意見が見られます。
何が違うの?何か問題あるの?と思った方も多いのではないでしょうか。

女性天皇というのは、父が天皇家の血統である女性が天皇になることでそう呼ばれます。
愛子さまは父方が天皇家ですから、仮に即位しますと女性天皇ということになります。
男系の女性天皇と表現されることもあります。

それに対し、母が天皇家の血統であり天皇自身が男性でも女性でも女系天皇となります。
例えば、愛子さまや眞子さま、佳子さまからお生まれになったお子様が即位されたとすると性別に関係なく女系天皇となります。

 

女性天皇は存在していたが女系天皇はいない

天皇家の長い歴史の中で10代8人の女性天皇が存在しました。
※うち2人は重祚(ちょうそ)といって、退位後再度即位したため、10代ではあるが人数としては8人となります。

女性天皇の役割としては、やはり基本的には男系男子が天皇となるため、男系男子天皇が即位できる状態になるまでの「中継ぎ」的な存在であったとも言われています。
また、女性天皇が皇族男子と結婚し誕生した子は天皇になったケースはあるが、それ以外の子(つまり女系子孫)では天皇となった例は無いとされています。

 

女系天皇の何が問題なの?

母親が天皇家の血を受け継いでいるのだから、その子どもが天皇に即位することには何も問題がないではないかという方も多いと思います。
父方であろうと母方であろうと、同じ血をひいた子どもですからね。

この女系の話題になると「Y染色体が~」というワードが出てくるのを目にしたことがあるのではないでしょうか?

性を決定する染色体が「X染色体」と「Y染色体」であると学校で習った記憶があると思います。
簡単に言いますと「XX」だと女性、「XY」だと男性になるというものです。
つまりY染色体が男性と決定づける性染色体なわけですが、このY染色体はそのまま次の世代に伝えられるのだそうです。
そして、このY染色体は男性由来なわけです。

母親由来のX染色体と父親由来のX染色体の間で「交差」と呼ばれる一部の交換がされているためX染色体は次の世代またその次の世代と受け継がれる間にどんどん変化しているのだそうです。

ところが、Y染色体はごく一部をのぞき交差は起きない為、父親が持つY染色体は変化せずそのまま息子に伝わることになるということです。
Y染色体をたどっていくと必ず先祖にたどり着けるというのが、男系男子で繋いできた大きな理由なんですね。
皇族である確固たるものといいますか、壮大な歴史を感じる事実であることは確かです。

 

結局、男系を継いでいけるのは悠仁さましかいないの?

皇后雅子さまはお世継ぎ問題で大変なご苦労をなされたと聞きます。
長年に渡り適応障害に苦しまれたのもこの問題が大きかったであろうことは私のような一庶民にも痛いほどわかります。

今後も男系を守っていくとなるとさらなる苦境であることは誰の目にも明らかですね。
すでに問題となっていますが、現状のままだと悠仁さまお一人に問題がのしかかってしまう状況です。

どうしても男系男子で皇統を守っていくとなると、旧宮家の皇族復帰を考えていく必要があると言われています。
ただ、一度皇族を離れていた方々が皇室に再度戻るというのは不自由を強いることになったり、一方で皇族としての自覚の欠如が心配されていたりなど色々と簡単にはいかないのも事実でしょう。

皇族の減少による公務負担もまた問題となっていますが、こちらは女性宮家の創設を検討するなどとも言われています。
女性宮家創設では、男系男子の維持という面では機能しないことはおわかりかと思います。
あくまで公務の担い手を目的としたものになるかと思いますが、こちらも近年のスキャンダルを鑑みるに、女性皇族の配偶者となる方にはある程度の知識、教養、品位などが求められることは確かです。

 

まとめ

新天皇の即位によって皇室への関心も高まっている今ですが、深刻な問題も色々と耳にすることも増えてきました。
一つ一つ順を追って調べてみると大変長い歴史があるだけに簡単にはいかないことのようにも思えてしまいます。

どのような形であっても、国民の理解の上で皇族の方々にとっても最良の選択がなされることを願います。

Sponsored Link
Copyrights

関連記事

no image

一度も成功していなかった!?組体操で1人骨折、大阪府

運動会、体育祭の季節になりました。 先週や今週はピークになるのではないでしょうか。 &n

記事を読む

no image

記憶遺産?ユネスコの遺産にはどんなものがあるの?

ユネスコの世界記憶遺産に、 「南京虐殺」に関する資料が登録されることが決定しました。 &

記事を読む

鼻から入れる国産インフルエンザワクチンはいつから?痛くないの?

鼻にスプレーするだけの予防接種があるのをご存じですか? 今回国産の経鼻ワクチンが開発さ

記事を読む

コマさんぽ第1回目~最新まとめ一覧

毎週土曜日午前10:00からテレビ東京で放送されている『妖怪ウォッチもんげーセレクションズラ

記事を読む

no image

2015年秋に流行か?新型ノロウィルス

秋から冬にかけて広がるのがノロウィルスやインフルエンザなどの感染症。   ノロ

記事を読む

no image

妊娠期間は約2年!ゾウの世界も高齢出産

愛知県豊橋市にある豊橋総合動植物公園で飼育されているアジアゾウのアーシャー。 現在妊娠中で、出

記事を読む

山梨の銘菓は信玄餅だけじゃない!金精軒の涼菓「水信玄餅」

  山梨県のお土産人気ナンバーワンといえば「信玄餅」ですね。 甘いお餅

記事を読む

インフルエンザは自然癒治するの?薬なしでも治る?

感染すると重い症状になることが多いインフルエンザ、 必ず病院へ行き薬を飲まないと治らない、

記事を読む

no image

コーヒーの日、でも紅茶がおいしそうなスタバ新メニュー

10月1日はコーヒーの日。 代表的なコーヒーショップであるスターバックスですが、 秋の新

記事を読む

浦安市長、成人式での「出産適齢期」 発言内容とは?

2016年1月11日の成人の日。 千葉県浦安市の成人式は毎年恒例となっている東京ディズ

記事を読む

Sponsored Link
Copyrights

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Sponsored Link
Copyrights
在宅ワークの面接でどんな質問をされる?実際に聞かれた内容を解説!

在宅ワークやリモートワークなど、 自宅でできる仕事を探している人は多

子供の目の下のくまの原因とは?病気なの?治す方法は?

疲れがたまっていたり、寝不足になると目の下にクマができる、 と一般的

カービィカフェの予約方法!予約なしで入れる?次回予約はいつ?

東京スカイツリーの直下にある商業施設「東京ソラマチ」に 常設

年末年始のテレビ特番は?大晦日やお正月の番組表各局まとめ2019-2020

年末年始の特番はチェックしましたか? 毎年大晦日やお正月

クリスマスに子供が喜ぶ料理やメニューを紹介!簡単レシピも

クリスマス料理の定番といえばチキン、 そしてケーキがあればそ

→もっと見る

PAGE TOP ↑